災害対策

突然の災害の為にも、日ごろからの対策が必要です。
そこで、来るべき災害に備えてとるべき行動をこちらで紹介します。


避難場所の確認

万が一災害が発生した場合は、近隣の避難場所へ移動しましょう。
下記リンクに秋田市の避難場所が掲載されております。


秋田市役所 避難場所一覧・案内図




災害発生時の電話利用法

 災害発生時に大量の電話が殺到すると、被災地域内の電話が繋がりにくくなってしまいます。
そこで、災害時における電話での連絡手段をご紹介します。

・災害用伝言ダイヤル171
・災害用ブロードバンド伝言板「web171」
・携帯「災害用伝言板」(ドコモ、au、ソフトバンクモバイル、イー・モバイル、ウィルコム)
・携帯電話メール
・Skype、LINE(スマートフォン、パソコンでの使用)



●災害用伝言ダイヤル171、web171の使用方法
NTT東日本 http://www.ntt-east.co.jp/
NTT西日本 http://www.ntt-west.co.jp/

●災害伝言板の使用方法
・NTTドコモのかた
http://www.nttdocomo.co.jp/info/disaster/index.html
・auのかた
http://www.au.kddi.com/notice/saigai_dengon/index.html
・ソフトバンクのかた
www.softbank.jp
・イーモバイルのかた
http://emobile.jp/service/dengonban.html
・ウィルコムのかた
http://www.willcom-inc.com/ja/index.html

●Skype、LINE
インターネット回線を利用した音声通話、チャットの利用が可能です。
電話回線が混雑しているときでも、インターネット回線だと音声通話が繋がりやすいことがあります。 スマートフォンであればストアやマーケット、パソコンであれば各サイトからダウンロードをして下さい。
基本は無料で使えます。

・Skype
http://www.skype.com/intl/ja/home
・LINE
http://line.naver.jp/ja/




避難時の持ち出し品

 災害が発生した際に、まずは持ち出しておきたい物をリストアップしました。
万が一の事態に備えて、この機会にチェックしてみて下さい!


持ち出し品リスト
飲料水 1人一日3リットルが目安。
身分証明書 怪我をした時などに必要。
貴重品 現金・預金通帳・印鑑・保険証・各種カードなど。
救急キット 怪我をした時の応急処置に。
懐中電灯 停電時、夜間の避難行動時に。
ラジオ・携帯電話 正確な情報を確認する為に必要。予備電力である乾電池や充電器も忘れずに!ラジオは手回し充電タイプが便利です。
雨がっぱ 体が濡れることによる冷え込みを防ぐ為。
カイロ 冷え込みを防ぐ為。
非常食 火を通さずとも食べられ、かつ保存期間の長い物。レトルト食品・インスタント食品・乾パン等。
糖分補給にチョコレート等の甘い物もあると良いです。
火種類 マッチ・ライター・ロウソク。
ビニール袋 ゴミ回収用の他に、荷物の運搬や防寒対策にも使用できます。
日用品 綿棒・ティッシュ・タオル・はさみ・筆記具等。



トップへ戻る